《 フルハーネス型安全帯特別教育 》

フルハーネス型安全帯特別教育は
高所作業で墜落事故防止のため器具を
正しく安全に使用するための教育です。

 

フルハーネス型安全帯特別教育

フルハーネス型安全帯特別教育

 
 
 
 
法改正で、2019年2月以降は、一定条件で高所作業をする際は、
従来の安全帯からフルハーネス型の墜落制止用器具の着用が義務化されました。
 
 
改正された法律は2019年2月1日から施行され、
新規格の安全帯が製造販売されていますが、
即座に従来の安全帯が使用できなくなるわけではありません。
2019年8月1日以前に製造されたという条件を満たせば、
経過措置として2022年1月1日までは使用できる猶予期間があります。
 
 
ただし、特別教育には猶予期間がありません。
2019年2月以降に条件に該当する作業をフルハーネス墜落制止用器具を使って行う作業員は、
フルハーネス特別教育を修了することが義務化されています。
 
 

 
 
2m以上かつ作業床が設置困難な場所ではフルハーネス墜落制止用器具の装着が原則ですが、
一般の高所作業では、2m以上6.75m未満まで、建設現場の高所では2m以上5m未満は胴ベルトの着用も可能です。
6.75m以上でフルハーネス型の着用を例外なく義務付けられています。建設業では高さ5m以上は義務化です。
 
 
 
多くの方が日々の業務で必要な資格になります。
ご自身、従業員の方が該当するかどうか確認してみましょう。
 
 
危険のない現場を目指して
今日も1日ご安全に!
各種特別教育実施中♬
お問合せは下記まで
https://uks-llc.com/

c 2019 UKS certify