4

足場の組立て等業務特別教育

足場の組立て等業務特別教育

建設業界においては、足場からの転落・墜落による労働災害は多く発生しており、死亡災害も少なくありません。

こうした現状を踏まえ、足場からの転落・墜落災害を防止するため労働安全衛生法が改正され、平成27年7月1日より施行されることになりました。
これにより足場の組立て、解体又は変更の作業に係る業務(地上又は堅固な床上における補助作業の業務を除く)に従事する者に対し、事業者は特別教育の実施を義務付けられることとなりました。

労働安全衛生法では事業者は危険又は有害な業務に労働者を従事させる場合は特別教育を行うよう規定され、「足場の組立て等業務」は、労働安全衛生法第59条3項により「危険又は有害な業務」に指定されています。

学 科

足場及び作業の方法に関する知識3時間
工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識0.5時間
労働災害の防止に関する知識1.5時間
関係法令1時間
(学科計 6時間)

実 技

なし

講習時間6時間

料金 8,000

c 2019 UKS certify