2

酸素欠乏危険作業特別教育

酸素欠乏危険作業特別教育

酸素欠乏症や硫化水素中毒の危険がある酸素欠乏危険場所での作業は、建設業や製造業のほか幅広い業種で行われています。

そして酸素欠乏症等の労働災害は各業種において発生しており、死亡率が高い災害でもあります。
これらの災害の多くは、現場作業者への教育不足、作業管理の徹底不足など酸素欠乏症等の発生原因や防止措置に関する不十分な知識が原因となって発生しています。

労働安全衛生法では事業者は危険又は有害な業務に労働者を従事させる場合は特別教育を行うよう規定され、「酸素欠乏危険場所における作業に係る業務」は、労働安全衛生法第59条3項により「危険又は有害な業務」に指定されています。

学 科

酸素欠乏等の発生の原因 1時間
酸素欠乏症等の症状1時間
空気呼吸器等の使用の方法1時間
事故の場合の退避及び救急そ生の方法1時間
その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項1.5時間
(合計5.5時間)

実 技

なし

講習時間5.5時間

料金 7,500

c 2019 UKS certify